持続可能な開発目標(SDGs)とは,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsへの取り組み


すべての人に健康と福祉を

健康経営を推進し、健康的な生活の確保。交通安全の指導教育し、交通死亡事故の減少。

ジェンダー平等を実現しよう

多様な働き方や多様な人材の採用。ダイバーシティ促進。

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

土地の空きスペース、倉庫屋根を有効利用し再生可能エネルギーである太陽光発電の実施。

働きがいも経済成長も

働きやすく、働きがいのある職場環境づくり。
ワークライフバランスの充実化。

住み続けられるまちづくりを

地域住民に対し安心した街づくり。

つくる責任つかう責任

建設工事においての持続可能な消費と生産のパターンを確保する。